TUT Robocon Club


last update : 2008-07-21 (月) 00:00:00 (4160d) 更新内容

TUT Robocon 2005〜prologue〜 手動機部門

大会結果

順位マシン名操縦者
1みったかくん一号濱田
2PAYBACK上野
3P.Higher type T奥村
4もがくんです柏原
41/4伊部

1/4 すぐ壊れて・・・もがくんです。

payback 安定した得点能力バッテリ運搬係みったかくん一号 強し

注意事項

  • 会場破壊、会場汚染は禁止。失格にします。

参加申し込み

ここから行ってください。

競技フィールド

field1.jpg
field2.jpg

マシンについて

  • サイズは、スタートゾーン(300mm×300mm)に収まること。高さは無制限だが、会場の天井は高さ3m程度である。
  • 分離及び変形を認める。なお、変形後のサイズオーバーは認める。
  • 重量は3kg以内とする。
    • 重量には本体の他にコントロールボックス、コントロールボックスと本体をつなぐケーブル、アンテナ、動力源などロボットの動作に必要なもの(操縦者を除く)全てを含む。
  • 動力源・モータの種類は問わない。
  • ロボットの操縦は有線、赤外線、超音波、電波のいずれかによること。
  • 赤外線、超音波、電波については混信、外乱等について大会実行委員会は責任を負わない。
  • リトライは認める。この場合、スタートゾーンからの再スタートとする。またこの時持っていたギフトは初期位置に戻す。
    • リトライは5回までとする。

競技ルール

  • フィールド上のギフトを制限時間以内にスポットに積み上げる競技である。
  • 競技は対戦者2名による対戦方式で行う。
  • 競技時間は3分とする。
  • フィールドは「ロンシール工業」製のロンリウムを使用する。
  • ノーマルギフトは200mm×200mm×200mm、質量約500gの立方体である。
  • ゴールデンギフトは400mm×400mm×400mm、質量約3000gの立方体である。
    • EPP(Expanded Polypropylene)で、表面はポリウレタンで塗装されている。
  • 材質は両ギフトともにNHKロボコン2004と同じものである。
  • スポットのサイズは、縦300mm、横300mm、高さ200mmである。
  • マシンに触れているギフトは無効とする。
  • その他の寸法は上記の図面に従うものとする。

勝利条件、及びその優先順位

  1. ゴールデンギフトをスポットの上に乗せる。(乗せて3秒たった時点で無条件勝利。対戦相手はゴールデンギフトをスポットから落としてはいけない。)
  2. スポットの一番上に自軍のノーマルギフトを乗せる。
  3. 開始後、試合終了までに動けなかった方のチームの負けとする。
  4. 開始後、試合終了までにギフトに触れることのできなかったチームの負けとする。
  5. 試合終了時、スポット上にノーマルギフトが存在しない場合、最後に崩したチームの負けとする。
  6. 上記の方法で決着が着かない場合、ジャンケンで勝者を決める。

ルールに対しての質問など

  • 「いつ(開催日時)」・「どこ(開催場所)」・「だれ(参加資格)」が分からないのですが?開催日はTUTロボコンのトップに書いてありますが、同好会のトップページから・・・〜prologue〜のページに飛ぶと開催日が分かりません。 -- 藤井(OB)? 2005-07-14 00:02:14 (木)
  • ゴールデンギフトはスポットの上面に1/2以上の面積乗ってなければ有効とならない。 -- トゥットォ君? 2005-09-19 15:49:57 (月)
  • 対戦相手はゴールデンギフトをスポットから落としてもよい。(対戦相手はゴールデンギフトをスポットから落としてはいけない。を削除) -- トゥットォ君? 2005-09-19 15:53:33 (月)
  • BAPLFjsWZTEA -- yzzpnzdrzg? 2008-07-21 (月) 13:19:39